あたしのブログ

WR250XとK1200S 2人暮らしをのほほんと。

北海道富良野ツーリング2010

北海道富良野ツーリング 2010.07.18 その1

本日は観光メインの日。
移動距離も少ない予定

コテコテの観光をしようとしていたので
早速富良野方面へ向かう
昨夜の雨は止んでいた


ジェットコースターの路…。


気になっていたので早速寄り道


見晴らしは良くなかったが↓



DVC00050




はじめ分らなくって この路往復しました
写真で見ていたので 何となくこれか???っていう場所にたどり着き
携帯で記念撮影 デジカメがあればぁ…苦笑


DVC00051




DVC00049


DVC00048



どうもプロのカメラマンさんのように うまい場所をとらえ切れずに
あちこち止まって写すのですが
なかなか本家のジェットコースター写真になりませんw

走っていてもジェットコースター感覚は皆無です
飛ばさないし~
でも一時不停止車なんかもいたので ここは走行要注意ですね!


237号線へ戻り富田ファームの予定が
思いっきり通過して富良野市内まで走ったあたし 笑
前回も素通りしているんだよね~困った

再度向かうと渋滞渋滞渋滞…
さすがラベンダー満開時期はめちゃ混雑です
大型バスも多く すり抜け必死でしました
後ろから見ていて 夫のパニアの幅が気になります
車のミラーにぶつかりそうなんだもんな~
どけどけ走行 何とかなりませんかね~>夫


二輪はこっちですってらくらく誘導していただき
このときはバイクの特権に( ̄ー ̄)ニヤリとする
(たまに自転車扱いされるのにはイラっとするけどね、WRは自転車でよいのだ)

前回のリベンジ
ゆっくり見て廻ろうと思っている



!!


まずは目に入ったものから堪能


メロン


夕張で食べたかったが仕方がない
ここで我慢しよう

DVC00045



DVC00046



もっと甘かったらいいのになぁ~って思ったけど
いつも食べているメロンよりはおいしい
ここまで走ってきたし 気温も上昇中だしね


隣のパンも気になるところ
早速購入


DVC00044



中のクリームがとろ~んでした
テーブルの周りは みんなが食べこぼしたカリカリメロンパンのかけらが
散乱していました 食べにくいんだよね


しっかり食べた後 ラベンダーを見学
おーおー 変わらない風景
匂う匂う ラベンダー

DVC00040





DVC00038



↑ここでよくバイクが記念撮影していたんだね
場所知らなくて
勝手に入ってきたの?って思ったんだけど
通行できる場所に このラベンダーの丘があって
早朝だと 人もいないからきれいに写るんだろうなって思った

しかし 今画像を見るとかなりどんよりした天気だったんだな~って感じる
実際は雨上がりで すごく蒸し暑かったんだ
携帯の撮影には限界があるね


自分用土産に今回唯一買ったものは
ラベンダーの蒸留水
入浴用なんですが 基本シャワーのあたしなので
風呂を楽しんでは入れたらな~って思ったので買ってみました
まだ試してはいないけどw


のんびり駐車場まで戻る
植物の店もあって
ああ、建物自体が植物になっているのねって
ちょーかわいい!!
上手に植えるなぁ~って感心感心さすがだね

DVC00036



あたしたちが出る頃にはさらに車が渋滞して
大型バスもたくさんいた アジア系な人の観光多いね
なぜあんな大声で話すんだろう
自分がどこで観光しているのか分からなくなるので ちょっとイヤです

11時半にはお目当てのジンギスカンの店まで走行できて
かなりいい感じで観光してました
同じようにラベンダー園から流れてくる人達が多かったです


駐車場にて。


DVC00031




北海道なんだなぁ~って感じました
楽しいけど
あたし やっぱり南方面が好きみたいです
九州ほどテンション上がっていません
人それぞれなんでしょうけどね
それが分っただけでも いいんですw

北海道富良野ツーリング 2010.07.17 その2

ホクレンフラッグを貰ったことがない夫は
ホクレンで給油したいあたしを 気遣った
あたしはいつでも良かったんだけどねw

本来ならば国道5号函館新道を走ればよかったのに
スタンド探して国道227を走って 5号に合流した
大沼公園も懐かしい風景


だが  さすがに3連休
車が渋滞中です 多いんですよ台数が。

途中のラッキーピエロも満車状態
時間通りに走れるのか不安になってきた


*************


最初の休憩ポイント
【道の駅 YOU・遊・もり】
イカ飯を食い いい感じでスタートするも

最初のアクシデント発生
最初といっているのだから まだまだ続くんです
期待して読んでください 笑



【でっ・デジカメ落とした!!】



(((( ;゚д゚)))えええええええっ!!


らしくないぞ
らしくないぞ

いったい夫はどうしたのだ??


いつものようにポケットにデジカメ・・・の確認が
ない!!
え?
どこだ?

あたしが岐阜でやらかしたミスと同じ
バイクの荷物の上にデジカメを載せたまま走行してしまったのである

あたしのときはツーリングマップルだったけどね

でも走行して10分も経っていない
路上で粉砕されていたら諦めよう
そういって夫は 今来た道を走って戻っていった



・・・・・・。


国道5号にぼーーーっと待っていたあたし
仕方がない
ミスは誰にでも起こりうるのだ
責められん あたしもやるのだ


30分ぐらいしたら夫が来た


【パクられた・・・(;つД`)】



へ?


どうやら路上に粉砕されたデジカメはなく
道の駅で早々に落としたらしいと判断
スタッフに聞くも 落し物はないとの回答

拾っても良いけど
古いデジカメなのにね~~
個人情報満載(数枚撮っているし 前回の分も残っていたりしてるのである)
あたしなら届けるけど
世の中思い通りには動いてくれないんだよね~
小布施では大学生の財布を届けたあたしだが 恩恵は巡っては来なかったらしい


わすれよう
忘れよう
忘れよう


夫は念じていた
仕方がない 気を取り直して走るしかないのだ
ん? ここで帰ればよかったのか?なんてちょっとは思ったりした
でもあたしたちは また走り出していた





*************




道央自動車道は無料区間ではなかった 残念
2車線走行なんで 車が繋がります

今日は急いでいく必要も無いので
洞爺湖ICで中山峠方向から北上予定
洞爺湖は暑かった
暑い北海道は それはそれでOKなのである

DVC00020



あたしの荷物 少ないなぁ~笑
中島がきれいに見えました


やはり絵になるのはKの方である
夫がさらに肥えた気がする


DVC00013



とうや湖道の駅は 登録されて新しい道の駅だ


DVC00019





特に目新しいものも無く そのまま中山峠へと向かう
給油して最初にフラッグを100円で買う
なんとなくこれが欲しくなってしまう
100円?って思うけどいいじゃない
みんな協力してあげようよ!

峠のあげいもはうまかった
でも一人1本は多かった 笑

すでに時間が遅く到着が 予定通りではなくなっていた

案の定札幌市内を抜けるのに手間取り
道央道に入るも 旭川まで遠いと感じた


も~~~ キャンプ面倒!!ホテルにする!



きたきたきた
わがまま娘の到来(娘ではないけど)
なにが節約ツーリングだ!
呑んでやるう~~~!!

って叫んだら 夫はさっそくホテルの手配
この感覚が 夫とは合うらしい
つーか 所詮酒好きな夫
うまい酒が飲めればいいのである



ここで2度目のアクシデント
というのは
旭川のホテル 全く空室がないのである
おかしい
連休のせいなのか?
でもそれだけじゃないのか?

悩みながら走り続けて 旭川駅前に到着



夫がホテルへと飛び込み 空室をさがす


【高校野球の予選で満室なんだってよ~】



あああああ。
よりによって高校野球のせいだとは 野球少年たちよ
それは仕方がないね がんばってくれたまえ!!

そして諦めかけて走っていると
夫が !!!!! 急に止まる

怪しいホテル はけーん!

HOTEL XO



空いてるよ~~~~  嬉しい顔して戻ってきた夫

でもね
【ラブホなんだけど いい?】




きたか。
ツーリング中この手は使いたくないのだが
背に腹は…状態だと 泊まりたくなる

休憩時間+宿泊で1万円以内
あまり安くはないが 一般的なホテル料金と変わらん

ついでにいろんなことを聞いてきた夫
バイク2台を止めさせて欲しい
外で食べたいので 外出を許可して欲しい

ラブホなのに外出OK?
オートロックなのだが 解除してもらう手続きをすればOKと了解を得た
あははは。すごいね


そして旭川で呑み ラーメンを食って就寝



朝は 夫のK
駐車場の回転板に載せられて Uターンしてました 笑
楽チーン~って楽しそうな夫 バイクでは初だそうだ(そりゃそうだ)
他にもバイク駐車してたよ さすがライダーだね


北海道富良野ツーリング 2010.07.17 その1 

本来ならば9月の休みに上陸しようと計画していたのだが
試験予定もある理由から
3連休ぶちかましてみようと 相変わらずの暴走的なあたくし。

それでも
・夫がバイクで北海道を走ったことが無い
・BMWイベントにも参加できる
・一番安い方法で上陸
・土産は最小限で

という条件の下 夫から許しをもらった

ルート・宿泊先はいつものごとくあたしが計画して
それを夫に提示して許可を貰うというもの


今回のルートはこうである



大きな地図で見る


715km
・・・・。
津軽海峡フェリー距離113kmとしても

600kmはあった・・・。

う~~~~~む
フェリー乗船中4時間近く休めたとしても
なかなか厳しい距離じゃないの~~?

そして 250ccであるWR250X
最大の敵は 給油なんじゃないだろうか…。



色んな難問があったけど
なんだろう 

ちょっとバイクに対してもやもやが常にあって
走っていないとか
大型じゃないからとか
長距離は無理だとか

色んな理由つけて あたしはきちんとWRと向き合っていなかった

走ってみたかったのだ


WRで無茶をしてみたかったのだ!

↑良い子のみんなはやめようね


とりあえずリコールで不具合が出た箇所も直してもらったし
何とかなるだろうと 決行することにした

あとは天気を祈るばかりだが
数年前に行ったときも あまり天気が良くない記憶がよみがえる
11度の中走ったこともあったのに

あたしは すっかり荷物を軽量することに専念してしまっていた





****************


仕事は早々に終わった
浮かれた気持ちは無かった
旅慣れた余裕もなかった
ただ いつものツーリング前日と変わらなかった

5時のフェリーにあたしだけ先に乗り
7時のフェリーで夫が追いかける

それでも自宅出発は一緒となった

雨は降っていなかったが キリがすごい
民主党の恩恵で秋田自動車道は無料区間ができた
秋田中央ICより北上は 無料なのだ

深夜の国道は走りやすいのだが
何かあるとイヤなので 遠回りだが高速を使うことにした
すでに給油の心配がスタートからあった

青森までWRでは1度給油しなければならない
さてどこで給油しようか・・・・


そんなことを考えながら あたしたちはスタートした
高速ではぐれたが 目的地は同じなんで心配ない・・・


はずだった。



高速を降りても Kの姿が無い
おかしい


真っ暗闇でICの出口で夫に連絡をする


でない・・・。まいった・・・。



仕方がないので青森まで走ろうと決意し走らせて数分後 着信

【先に行ったのかと思って 鷹巣まできたよ~~(゚Д゚;)】



あほか

あたしがどれだけのスピードで走ってると思っているんや!
高速で知らないうちに ぶち抜いたくせに!!(気が付かなかったらしい)



暗~~い7号線をひたすら進む
何か出てきてもおかしくない
真っ暗である 深夜2時  ぎゃ~~~っって感じよ!まさに!!

あ、 Kの黄色点滅 ハザードランプ


助かった・・・・il||li _| ̄|● il||li


そして寒さはどんどんあたしの体温を奪い
足をがくがくしながら あたしは運転してた
最悪~~ 7月でこの気温かよ~~19度だった
20度前後はキツイ
休憩する為マックにはいる ちょっと暖まった



DVC00006



大館の若者がいた 笑
連休だもんね 楽しんでください

そして給油をめざす
なかなか見つけられずに ローソンの兄ちゃんに聞く
国道7号線沿い 国道285号とぶつかる場所(ひない道の駅そば)
おーおー ここが24Hのスタンドだったとは!

無言でスタンドのおじさんにバイク舐め回すように見られ
いつものことと感じながらも出発
そして東北道十和田ICより青森を目指す

ナッチャン乗船以来である
懐かしい。

今回はスマートチェックで手続きをする
ついでなので夫の分のキャンセルがないか 受付で聞いてみた
【空いてますよ~~】


あっさり。


そして夫も一緒に乗船することとなった
携帯でもUPしてましたが
この待っている感じが 好きです

fb398f23.jpg



ポーズを決めてに待っている人
落ち着かないのかエンジン掛けっぱなしのKAWASAKIやろう
軽装で乗り込もうとする人
過積載の人

いろんな人がいた
写せないのがとても残念 笑
KAWASAKI乗りを全否定するわけじゃないので ご了承を。
この人がまた面倒な人でさー
KLXのエンジン 乗船中もかけまくりでさー
降りる前に爆音鳴らして 最悪だったのさー
みんながいるのにお構いなしだしね

ついでに乗船誘導の係員までにつっかってたし
いつもこんなんかなぁ~って 哀れに思った
お連れは奥様なんだろうか
一緒にマスクなんかして夫と全く同じなりをしてるし…

と、女性はあたしとその人だけでしたけどね


バイクは先に乗船するので
2等の雑魚寝場所を確保
少しは寝た 夫は遊んでた、ゲームでw

ゲートが開いて出発



ただただ懐かしかった。



その2に続く




天気

9291b581.jpg
今日は一日どんよりでしたが
雨に当たらずにすみました。
めでたい!

さようなら北海道。

4d3156b4.jpg
親切なTDM900乗りのおじ様が(おっちゃんを様呼ばわり)
キャンセル待ちを譲ってくれて…喜


ただ今乗船なう。

感謝感謝。

なんとか青森に向かってます
livedoor プロフィール
Twitter
QRコード
QRコード
訪問者数

    最新コメント
    アクセス解析
    • ライブドアブログ